平成24年7月から8月にかけて関係機関による通学路の合同点検が行われました。
しかし、道路事情や季節など通学路の危険箇所については年々変化をしています。
私たちは関係機関による定期的な通学路の合同点検の実施などを今まで訴えてまいりました。
国は通学路の交通安全に向けて関係機関の推進体制や基本方針を示した通学路交通安全プログラムの策定を市町村に進めています。
 質問:
 通学路交通安全プログラムの策定状況はどうか、
 関係機関による推進体制と定期的な合同点検はどうか、
 危険箇所の公表をさらに推し進める予定はないか、を質問しました。


  全国での緊急合同点検は、平成24年4月以降、全国で登下校中の児童生徒を巻き込んだ痛ましい事故が多発し、
文部科学省、国土交通省、警察庁合同で通学路の緊急点検を実施することになった。
 これを受けて、上田市でも各小学校、教育委員会、生活環境課、土木課及び上田警察署、上田建設事務所、長野国道工事事務所等の関係機関により、小学校ごとに通学路の緊急合同点検を実施した。
 その後、文部科学省より通学路の交通安全確保に向けた取り組みを推進するために、関係者で構成して定期的に開催する協議会を設置するなどの取り組みを進めるようとの依頼があった。
 これを受け、上田市でも通学路の安全確保に継続的に努めていくことを目的として、上田市通学路交通安全推進協議会を設置することにした。
 協議会は国、県、市の各道路管理者、上田警察署、教育委員会等の関係者で構成され、通学路の安全確保に向けた取り組みの基本方針として上田市通学路交通安全プログラムを策定し、これに基づいて推進をしていく予定である。
 協議会は危険箇所数や各関係者の対策実施結果などの情報共有と次年度の活動方針を確認するために、今年度は第1回会議を年度内に開催する予定。
 また、具体的な取り組みとしては、通学路の危険箇所は年度初めに各小学校に対策後の状況や追加の危険箇所等の報告を求め、事務局で取りまとめた上で各機関へ速やかに情報提供する。
 各機関では現場を確認し、可能な箇所から対策を実施していく予定である。
 また、合同点検は、現場を確認して緊急の必要性がある場合等に実施していきたい。
 通学路の安全確保についての情報提供は、各小学校のホームページから対策一覧表とともに危険箇所図も見られるようにし、随時更新していきたい。