代表質問から
上田市の訪問理美容サービス制度の改善について、
Q:
 外出が困難な高齢者や障害者に理容師や美容師が訪問して髪を整える訪問理美容サービス事業について、上田市では利用対象者が限定されていることもあり、使いづらい制度となっていました。
 改めて髪を整えることは人として誰もが享受できる生活習慣であることを訴え、2点伺います。
 第1点、平成27年度から訪問理美容サービスはどのように改善されたのか。
 第2点、このサービスを広く対象者に利用していただくための周知方法などはどうか。
答:
 今回、訪問理美容サービスは、平成27年度から見直し、充実を図った点が2点ある。
1点目は対象要件の緩和で、従来おおむね65歳以上のひとり暮らし、または高齢者のみでお暮らしの世帯を対象としていたが、今度は新たにご家族と同居している方であっても利用可能とする。
2点目は、対象範囲の拡大。障害のある方、そのご家族にもご意見をお聞きする中、新たに障害のある方も外出困難な在宅の重度の障害がある方であれば、児童の方も含めて対象とする
 次に、見直し後の周知方法は、できるだけ多くの媒体を使い改正内容をお知らせをしていく。
「広報うえだ」やホームページ、パンフレットなどを活用して広く周知を図る。
また、高齢者の方には、地域包括支援センターなどを初め、居宅介護支援事業所やサービス提供事業所などに対して、また障害のある方には、上小圏域障害者総合支援センター、サービス提供事業者、親の会の皆様など関係団体の皆様にもお知らせする。
 さらには地域で活動する民生児童委員に対しても、対象範囲が広がり、制度の充実が図られたことについてお知らせをする。